MENU

Blog

なんか嬉しくなるライフデザイン

 

嬉しい気持ちになれたのでシェア

 

今日で1月も最終日。

「年始は年の目標を設定して、紙に書くと良い」

なんて毎年言われたような記憶が。

 

そういう形式ばった、面倒なことは大嫌いで。

そもそも未来は変動的なもので、「目標を勝手に決めた所でそうならないでしょ?」と少し小言を吐きながら、学生時代はやらなかったのですが…

 

ここ数年、いやもっと。

続けていることがあります。

 

/

  • 「昨年出来たこと」を書き出すこと
  • 正確にお伝えすると、パソコンで打ち出すこと

\

 

 

私の出来たことハードルは、とっても低い。

  • 長年会えなかった人に会えた
  • 〇〇のコンサートにいけた
  • 365日欠かさず好きなゲームにログインできた

 

 

頑張ったことは

  • セラピストを育成出来た
  • オンライン用のテキストブックを作成できた
  • 関数を使って自動化させることができた
  • 「お陰様で成長出来た」と感謝を伝えられるサポートが出来た

 

 

挙げ句の果てには

  • ゴルフのティーチングプロになれた生徒さんがいた
  • サポートを通して、あの生徒さんはこんな風に成長した
  • 優勝した

 

など自分が達成したことではないことまで持ち出して…

 

ただ、振り返ると「嬉しい気持ち」になる。

出来たことが意外に沢山あることに気付く。

 

そして一人、にんまりと笑う。

 

出来なかったことは、自分の胸の内がムズムズと分かっていることなので、敢えてそこに焦点を当てずに、しれーっと「今年やりたいことリスト」に移動させる。

そのためのパソコン入力。

書き直すとかそういう時間のかかることは極力避ける。

 

大体この時期辺りにやりましょう、と12ヶ月分の自作エクセルカレンダーに打ち込む。

1月いっぱいかけて、この作業をやって…

しかも気が向いたときに。

そうすると、なんちゃって目標設定カレンダーが完成!

 

実質稼働は、2月の節分けから。

1月はゆるゆると、アイドリング。

 

 ・・
「過去はゴミ」という方には、「振り返る」私のやり方は向いてない、かも知れません。

 

でも「一年何もしなかったなぁ」とか

堅苦しく「目標を定めなければ」と固まってしまうくらいなら

振り返って「これだけは出来たな」と自己満足するのもアリ、かと思います。

 

 

「自分の未来に目次をつける」と良いことあることが分かりました。

 

やらない時より

  • 達成率が上がる
  • 出来ることが増える
  • スピードが増す
  • 自分のできることに目を向けられる

 

大体、あの辺に行きたいという目印があるので、無意識に情報をキャッチしに行きますし、口にしたりするとサポートが入ったりします。

 

実際、未来の収入に差がでる、という論文も有ります。

差とはもちろん、目標を決めた方が、人生における総収入がアップするということです。

ただなにより、ロジックよりも体感したので私は続けています。

そして、続けている自分をちょびっとだけ、褒めています。

 

まもなく、節分。本当の一年は、これから。

その前に、皆さんもご自身を褒めて差し上げてほしいなと、思いました。

 

出来たことって意外に多くあります。

自己満足バンザイ!

きっと褒められた自分はこの一年、自分を助けてくれると思います。

 

嬉しい気持ちのシェア終わり。

 

 

 

一人ではちょっと…という方にはこちら

3回くらいやってみるとご自分でできるようになる、未来デザイン。

企業におけるカウンセリングでは、事業におけるパフォーマンス向上、明確な行動目標設定ワークとして活用されています!

 

 

ライフデザイン

 

 

2023/01/31  Crystal Blanca